産業振興株式会社

環境への取り組み

産業振興株式会社の環境への取り組みをご紹介します。

環境への取り組み
環境への取り組み 環境への取り組み

鉄のリサイクル

高炉によって鉄鉱石から鉄を還元し、鉄鋼を製造する過程では大量のCO2が発生します。
一方、鉄スクラップを資源として鉄鋼を製造する場合、鉄鉱石からのプロセスに比べ、CO2排出量は約1/6に抑えることが可能となります。
現在、鉄鋼は製品となるまでに、その約30%が鉄スクラップに、さらに役目を終え廃棄される物品の58%はスクラップとなります。
こうしたスクラップを貴重な資源と捉え、流通・再利用していく産業振興の事業は、まさに地球環境への貢献活動そのものといえるでしょう。

鐵鋼スラグ協会サイトへ

鉄鋼生産副産物(鉄鋼スラグ)の資源化

地球から得た恵みは、土にも還す。
産業振興では、鉄鋼石から鉄を還元し吹錬した後に残るスラグを素材に肥料事業を展開し、農業の発展に貢献しています。

鉄鋼生産副産物(鉄鋼スラグ)の資源化
鉄鋼生産副産物(鉄鋼スラグ)の資源化

農力アップサイトへ

廃タイヤリサイクル事業への材料供給

産業振興では、再タイヤを鉄分とガスに分類し、鉄源、熱源として再利用するタイヤリサイクル事業の出資企業として、また、タイヤの切断加工処理を通じて当該事業に協力しています。
生産したガスは、製鉄所のエネルギーとして活用されています。

廃タイヤリサイクル事業への材料供給
廃タイヤリサイクル事業への材料供給

間伐材を利用したエネルギーの供給

産業振興では、2015年より間伐材を利用した木質バイオマスチップの製造を行っており、火力発電所の熱源として利用されています。バイオマスエネルギーとして有効に活用されれば、廃棄物を減らし、循環型社会の形成に役立つことになります。

間伐材を利用したエネルギーの供給
間伐材を利用したエネルギーの供給
間伐材を利用したエネルギーの供給
ページトップへ戻る