産業振興株式会社

会社のあゆみ

産業振興株式会社の会社のあゆみをご紹介します。

1911(明44)年 東京市本所区にて銅鉄商を開業
1925(大14)年頃 三徳合名会社を設立
1931(昭6)年頃 創業者の氏名による、合資会社「德島佐太郎商店」を設立
1937(昭12)年

(株)德島商店設立(現東京都江東区森下)資本金3百万円 日本製鐵(株)へ鉄スクラップ納入開始

徳島商店
1942(昭17)年 (株)德島商店を日本鐵興(株)に社名変更
1944(昭19)年 日本鐵興(株)を日本鐵鑛冶金(株)に社名変更
1948(昭23)年 日本鐵鑛冶金(株)を現社名 産業振興(株)に変更 資本金1千万円 本社を東京都中央区日本橋本町へ移転 製鉄設備の賠償指定解除に伴い、政府は基礎産業復興促進のための鉄鋼増産政策を立案した。そこで鉄鋼増産の主原料である鉄屑の緊急確保が重要課題となり、商工省及び日本製鐵(株)の要請を受けて、当社の鉄屑処理加工設備を復旧して対応することとした。
1949(昭24)年 古石場工場(江東区、のち大富工場に集約)開設
1950(昭25)年 大富工場(現江東区森下、のち東京営業所に改称)開設 横浜工場(横浜営業所、横浜倉庫、横浜事業所を経て現横浜物流センター)開設 室蘭事業所開設
1951(昭26)年 釜石事業所開設 札幌出張所(現北海道原料部苫小牧ヤードに集約)開設 小名浜出張所(現東北スクラップセンター小名浜営業所)開設 大阪営業所(現関西スクラップセンター) 開設 大阪営業所名古屋ヤード(名古屋集荷場、名古屋営業所を経て、現名古屋事業所)開設 本社を東京都中央区日本橋通り(太陽ビル)へ移転 昭和26年以降※富士製鐵(株)の室蘭、釜石、広畑各製鉄所構内において製鉄原料、スラグ、成品処理、その他付帯作業等の請負作業を依頼された。
1953(昭28)年 広畑事業所開設
1961(昭36)年 名古屋事業所に改組 東海製鐵(株)(現 新日鐵住金名古屋製鐵所)の銑鋼一貫工場稼働に伴い、富士製鐵各製鉄所構内に於ける当社の作業経歴が評価され、スクラップ処理加工及び転炉装入作業ならびに高炉スラグ・転炉スラグの磁選と肥料化作業を依頼された。
1962(昭37)年 本社を東京都千代田区丸の内(富士製鐵ビル)へ移転 横浜事業所(現、横浜物流センター)、倉庫事業開始 横浜物流センターは、鉄鋼消費地を控えた横浜港内という立地にあって、岸壁、桟橋、荷役設備等倉庫事業に恵まれた条件を備えることから、鉄スクラップヤードから貨物中継基地として転換を図った。
1963(昭38)年 富士製鐵(株)の資本参加を受ける 資本金8万円 メトロデッキを製造開始(横浜営業所のちに加工製品センターにて※新日鐵住金(株)から委託加工)
1964(昭39)年 仙台出張所(現東北スクラップセンター)開設
1970(昭45)年

大分出張所(現大分事業所)開設 大分製鐵所の新設に伴い、大分出張所を開設。当初は焼結用 原料や副生鋼材を主に販売。その後昭和61年水砕スラグの受払作業を開始した 本社を東京都千代田区大手町(日本ビル)へ移転

日本ビル
1976(昭51)年 浜松営業所 (現浜松スクラップセンター) 開設
1980(昭55)年 資本金3億9千万円
1986(昭61)年 東京営業所を市川市へ移転。市川スクラップセンター(現関東スクラップセンター) と加工製品センターに改組
1987(昭62)年 創立50周年 産業振興社員持株会設立
1990(平 2)年 (株)北海道スクラップセンターを買収し、 グループ会社(現(株)サンシン旭川スクラップセンター)とした
1992(平 4)年 (株)皆木勝栄商店を買収し、グループ会社(現ニイガタ産業振興(株))とした
1994(平 6)年

本社を東京都江東区亀戸(日鐵NDタワー)へ移転

日鐵NDタワー
1996(平 8)年 ※新日鐵住金広畑製鐵所構内にスクラップ加工設備(ギロチン・プレス)を設置
1997(平 9)年 創立60周年
1999(平11)年 弥生スチール(株)を買収し、グループ会社とした。
2000(平12)年 金属建材部と建設部を統合し、東京事業所(現鋼材加工販売事業部営業部) に改組 原料部を新設
2001(平13)年 ※新日鐵住金広畑製鐵所構内にスクラップ加工設備(シュレッダー)を設置
2003(平15)年 神奈川県横浜市に大黒埠頭ヤードを開設
2004(平16)年 ※新日鐵住金名古屋製鐵所構内にスクラップ加工設備(ギロチン・プレス)を設置 千葉県八街市に(株)サンシン旭川スクラップセンター千葉営業所八街工場を開設
2005(平17)年 宮崎県宮崎市に大分事業所宮崎ヤードを開設 新日鐵住金名古屋製鐵所構内にスクラップ加工設備(シュレッダー)を設置 新日鐵住金(株)の持分法適用関連会社となる
2006(平18)年 東北事業所(現東北スクラップセンター)岩沼工場にスクラップ加工設備(ギロチンシャー)設置 (株)サンシン旭川スクラップセンター千葉営業所八街工場にスクラップ加工設備(ギロチンシャー)を設置 無担保社債の発行 内部統制部を新設
2007(平19)年 事業部的運営体制を導入し、組織を2事業部(原料事業部、鋼材加工販売事業部)7事業所(室蘭、釜石、名古屋、広畑、大分、東北、横浜)1事業センター(肥料)および本社6部(総務企画部、内部統制部、人事部、経理部、技術部、生産管理部)とする 浜松スクラップセンターを開設する 創立70周年
2008(平20)年 飯沼金属(株)を買収し、グループ会社とした (株)サンシン旭川スクラップセンターにスクラップ加工設備(プレス)を設置 関東スクラップセンターの隣地を取得し、ヤード拡張
2009(平21)年 加工製品センターにてメトロデッキ生産ラインの作業環境対策を実施 長期ビジョン2014と中期経営計画SSPスタート 仕事に取り組む姿勢(態度)-「産振スピリッツ」キックオフ 室蘭事業所、ダスト処理設備(DPM)稼動
2010(平22)年 川崎(4月)、茨城のひたちなか(6月)、熊本県の八代(9月)にスクラップヤードを開設 横浜事業所の海上クレーンを能力アップ(20t→30t)
2011(平23)年 東海ヤードの隣地を取得し、リニューアルオープン(1月) 開業100周年 創業者徳島佐太郎が明治44年1月に銅鉄商を開業 姫路ヤードを開設(3月) 横浜事業所と東北事業所倉庫部を統一し、鋼材中継倉庫事業部を新設する。事業部の下に横浜物流センターと仙台物流センターを配する。 組織を、3事業部(原料事業部、鋼材加工販売事業部、鋼材中継倉庫事業部)5事業所(室蘭、釜石、名古屋、広畑、大分)1事業センター(肥料)および本社6部(総務企画部、内部統制部、人事部、経理部、技術部、生産管理部)とする 東北事業所原料営業部を東北スクラップセンターに改組 釜石市災害廃棄物処理事業(試行)をJVにて受託 室蘭事業所に新多目的破砕整粒設備(THS設備)を設置
2012(平24)年 (株)サンシン旭川スクラップセンター、千葉営業所八街工場を関東スクラップセンターに統合 長期ビジョン2017と中期経営計画(SKPⅢ)
2013(平25)年 大阪スクラップセンターと西日本原料部姫路営業課を統合し、関西スクラップセンターを新設 釜石事業所に鋼材加工部を新設し、メトロデッキの製造を開始 メトロデッキ製造50年
2014(平26)年 第1回全社安全発表大会を本社にて開催 発表者名古屋事業所尾花所長、東北スクラップセンター合川所長 愛知県東海市富木島町に「産業振興名古屋事業所 上野台総和寮」が完成
2015(平27)年 (株)サンシン旭川スクラップセンター創立25周年記念式典開催 釜石事業所にて「細粒木質チップ」製造開始 原料事業部がベトナムに駐在所を開設 原料事業部組織改定、名古屋、大阪、広畑の3拠点を統合し、中部関西スクラップセンター新設、流通営業課を北海道原料部、東北スクラップセンター、関東スクラップセンター、中部関西スクラップセンターに新設 釜石事業所が震災金属スクラップの99.1再資源化を達成し「環境大臣表彰」受賞
2016(平28)年 女性社員事務服リニューアル ニイガタ産業振興(株)新C棟完成
ページトップへ戻る