産業振興株式会社

私たちの特長

用語集

このホームページの中で使われている用語のご説明です。

高炉メーカー

鉄鉱石を原料として銑鉄を生産する高炉を製鉄所の設備として所有している鉄鋼メーカーのこと。
最終製品の製造までを一つの敷地内で行う銑鋼一貫製鉄所を所有する大規模な鉄鋼メーカーで日本では、新日鐵住金・JFEスチール・神戸製鋼所・日新製鋼の4社があります。

電炉メーカー

鉄スクラップを原料として電気炉で鉄鋼を生産する鉄鋼メーカーのこと。
規模は高炉メーカーと比べると小さいが、鉄スクラップを原料にするため、鉄リサイクルの観点からは重要な役割を担っています。国内には電気炉メーカーは約60社あります。

転炉

高炉で生まれた銑鉄は炭素分が多いため、硬くもろい。これをねばりのある鋼にするために転炉の中で高純度の酸素が吹き込まれ、炭素成分やその他の不純物が除去されます。5~10%程度の鉄スクラップも装入されます。

電炉(電気炉)

その名のとおり電気の熱を利用して鋼を製造する炉です。その原料が銑鉄(溶銑)ではなく鉄スクラップである点が転炉と大きく違っています。

圧延

ローラーで大きな圧力を加えながら鋼を薄く延ばしていく工程を圧延といいます。
素材の鋼片を加熱して押し伸ばす熱延と、常温でさらに伸ばす冷延があり製品の特性によって使い分けられます。

スラグ(高炉・製鋼)

鉄鋼スラグは、鉄鋼製造工程において副産物として発生します。
高炉スラグと製鋼スラグがあり、含有成分が異なります。セメント材料や土壌改良剤として優れ、省資源・省エネルギーのリサイクル材としても評価されています。

ページトップへ戻る